食べ物は彩りが大事 『すき家』チキンと彩り野菜カレー

近年、健康がクローズアップされるのだがそれとは無縁と思われる『牛丼』チェーン店。
メニュー数を絞り異常なまでの価格競争に晒され薄利多売でデフレを牽引してきた時代は終わり生き残りをかけた戦いは続く…
中小の『牛丼』チェーン店『神戸らんぷ亭』『牛丼太郎』は閉店、『東京チカラめし』『どん亭』は瀕死状態であり、大手も油断できない状況なためかイメージアップのために『野菜を摂ろう』といったメニューを出している。

c0364960_10040468.jpg

今回、紹介するのは『すき家』の『チキンと彩り野菜カレー』である。
通常メニューのポークカレーとは別のルーで作られているようだ…個人的にはポークカレーのルーはあまり好きではないので期待だ!
そもそも『カレー』と『ハンバーグ』は騙しやすいメニューのツートップであり、騙して安く作ることが簡単なため店の考えかたがわかるメニューとしてよく食べている。

c0364960_18543262.jpg

『彩り』と謳う割にはちょっと残念な『彩り』である(メニュー写真は実際の商品とは異なる場合がございます)
ルーを口に運ぶ…バター臭い?インドカレーにはバターを含む場合があるがそんな感じである(ただしスパイス感はない)
何を考えてこんなルーを新作したのかわからないけどポークカレーのルーをそのまま使えばよかった気がします。
たぶんポークカレーより安上がりにルーを作ってメニューの価格を抑えたかったのだろうがちょっと残念です。

c0364960_18543547.jpg

個人的に嬉しかったのは『彩り野菜』のメンバーにカボチャが入っていたことかな?(カレーの具にカボチャはおすすめです)


by hati_kuma | 2015-10-03 01:41 | 食い倒れ:飲食店 | Comments(0)