人気ブログランキング |

以前、東北物産展で食べた『大間のまぐろ』だが、舌が肥えてないのか差があまりわからなかった。
懲りずに再度『大間のまぐろ』にチャレンジ!今回は『山かけ丼』である(お店は前回と同じ『魚喰いの田』)

c0364960_08335793.jpg

身の色が違うので部位が違うとは思うのですが説明もないので、お店側がアピール(説明)するなり努力も必要じゃないのかな?と思います。
大抵のお客さんは『大間のまぐろを食べた』ということで満足しているのかもしれませんが…

c0364960_08340647.jpg

今回、『津軽本醸造醬油』『昆布醤油』『昆布八方醤油』という実際の店舗で使われている『3種類の醤油』と東北の物産展でも有名な『ほたて醤油』という合計で『4種類の醤油』が用意されていました。
個人的には醤油感が薄くて旨味の濃い『昆布八方醤油』が一番好みでした。

c0364960_08340166.jpg

『大間のまぐろ』として考えたら安いのかもしれませんが、やはり差を感じられなかったのは残念です(もちろん美味しいのですが…)


by hati_kuma | 2018-11-29 19:00 | 食い倒れ:飲食店

リーズナブルな価格で『とんかつ』や『カツ丼』を提供する『かつや』は『とんかつ版吉野家』を目指してチェーン展開しています。
今回はスーパーハングリーセール第2弾の『全部のせカツ丼』を紹介します(スーパーハングリーセール第1弾は知らない間に終わっていました)

c0364960_06590426.jpg

全部のせの内容は『ロースカツ』『ヒレカツ』『海老フライ』『から揚げ』です(『海老フライ』と『から揚げ』は『カツ』ではない)
そして、ご飯の上に『キャベツ』が載り『たまり醤油』が掛かっている『カツ丼』である。

c0364960_06591416.jpg

ボリュームがあり美味しいんだけど『キャベツ』は要らない。
『キャベツ』があると水っぽくなるし、他の食材と融合しないので、『キャベツ抜きで』と頼んでみようかしら?

c0364960_06591749.jpg

横から見たら大迫力ですね(笑)


by hati_kuma | 2018-10-18 19:00 | 食い倒れ:飲食店

更に引き続いて『ほづみ亭』の『鯛めし丼』をいただくことにしました(食い過ぎ)
限定メニューの豪華な『海鮮丼』が売り切れになっていたのは残念です。

c0364960_18164000.jpg

『讃岐うどん』のお店と違って席数も少ないうえに空いていた。
価格的には豪華な『讃岐うどん』より少し高いくらいなので理解に苦しむ。
『鯛めし』と聞いて思い浮かぶのは『鯛を使った炊き込みご飯』であり、『鯛の刺身が載った丼』が出てくるとは思いませんでした。

c0364960_18164531.jpg

これってどう考えても『豪華な玉子かけご飯』だよね?(ものすごく美味しかったけど…)


by hati_kuma | 2018-07-19 19:00 | 食い倒れ:飲食店

『吉野家、はなまるうどん はしご定期券』を買ってみました。
なぜ『吉野家』と『はなまるうどん』の共通券になっているかというと『はなまるうどん』は『吉野家』と同様に『吉野家ホールディングス』に属しているためである(創業はちゃんと『香川県』)

c0364960_08374524.jpg

それでは期間内の『吉野家』の『丼物』と『定食』をご覧ください。
ちなみに『はなまるうどん』はこの辺りでは店舗が少ないのと、店舗が『フードコート』内にあり、食べることができませんでした。

c0364960_08381105.jpg

c0364960_08381951.jpg

c0364960_08382767.jpg

c0364960_08392980.jpg

c0364960_08393649.jpg

c0364960_08400039.jpg

c0364960_08401293.jpg

c0364960_08402939.jpg

c0364960_08404388.jpg

c0364960_08410654.jpg

c0364960_08411475.jpg

期間内に11食を『吉野家』で食べたようです。
定期券は300円で値引きは880円で580円得していることになるが、定期券があるからという理由で食べたこともあり、得しているのかどうかはわかりません。


by hati_kuma | 2017-10-28 09:00 | 食い倒れ:飲食店

大手『牛丼チェーン店』に入れられるもののメニュー的には定食物が多い『中華料理店』由来の『松屋』(メニュー名は『牛丼』ではなく『牛めし』)
その『松屋』が最近始めた新事業が『トンカツ店』の『松のや』である。
思い返すと『松屋』には『揚げ物』が無いので、設備的にフライヤーが無いのだろう。
『トンカツ店』だと『かつや』がライバルになる訳だが戦えるか検証してみよう。

c0364960_08565532.jpg

中に入ると『食券機』があり、テーブルに設置してある調味料などからすぐ『松屋』の系列店とわかるだろう。
『松のや』の優位点は『松屋グループ』内の仕入れや物流を利用することによって可能なコストの低減である。
この点においてはよく考えられており、それを値段に反映している。
かなり安い(頑張っている)と思われる『かつや』に勝るとも劣らないので努力しているのはわかります。

c0364960_08565961.jpg

食べてみて感じたのは『火が通り過ぎ』である(何回か食べてみたが毎回そうでした)
『カツ丼』の『玉子』は半熟が美味しいのだが、火が通り過ぎなため損をしている気がします(味的には良くはないけど悪くもないレベル)
素人(バイト)が作るならマニュアルがしっかりしていないと駄目なのだが『かつや』と比べて教育不足に感じる。
同じ価格帯なら『美味しい』ほうを選ぶので、近くに『かつや』がある地域では苦戦するのが容易に想像がつきます。

c0364960_08570476.jpg

やっぱり、『味噌汁』(あまり美味しくない)は付くのですね…コレってアドバンテージになるのかな?


by hati_kuma | 2017-09-03 09:31 | 食い倒れ:飲食店

マスコミでは牛丼チェーン店において『すき家』が最安と報道されていることが多い。
これに関して違和感を感じる人は多いのは当然である。
『松屋』の『牛めし』は290円であり、『すき家』の『牛丼』は350円なのだから…
なぜそう報道されているか?実は関東において『牛めし』は販売されておらず、代わりに『プレミアム牛めし』が380円で販売されているからである。
中部地区の3店舗限定で『プレミアム牛めし』を販売すると聞いて早速食べに行ってきました。
まずは『今池店』から…『初』ということで『ノーマル』で注文する。

c0364960_05092767.jpg

『牛めし』と『プレミアム牛めし』の最大の違いは『牛めし』が冷凍肉であるが『プレミアム牛めし』はチルド肉であることである。
『肉』は柔らかくいい感じではあるが、味付けはやはり『松屋』の『牛めし』である(『肉』はいいが好き嫌いが分かれると思う)

c0364960_05093149.jpg

次は『大津通錦店』です。
『プレミアム牛めし』には専用の『黒胡麻焙煎七味』が付くので、今回はかけていただくことにします。

c0364960_05093612.jpg

私は基本的には『七味』はかけない派なのですが敢えてかけてみましたが、ちょっとした『スパイス』程度で普通の『七味』と大差ありませんでした。
やはり個人的には『七味』はかけないほうが好みです。

c0364960_05094108.jpg

最後に『納屋橋店』今回は『ねぎだく』にしてみました(食券式の店では通常は『ノーマル』で頼みます)

c0364960_05094465.jpg

『ねぎだく』は『玉ねぎ』が多いだけだと思っていませんか?実は『玉ねぎ』を追加して入れることが多いので『つゆ』が『ノーマル』以上『つゆだく』以下になるのです。
『吉野家』では『ねぎだく』をデフォにしているくらい好きです(おすすめ)

c0364960_05094735.jpg

【まとめ】
・各店で『プレミアム牛めし』を頼んでいる人は他店と比べて多くはなかった(敢えて『プレミアム』にする必要はない)
・3店全店制覇したのは趣味(意味はない)
・いい肉を使っても『松屋』は『松屋』


by hati_kuma | 2017-06-03 06:05 | 食い倒れ:飲食店

名古屋で『橋本』と言えば美味しい『肉』が食べれる店として有名です。
先日、失火して全焼したため代わりにオープンしたと思われる(旧店舗から徒歩3分程度の距離)
何故か2階建てのお洒落な店になってしまったことに違和感を感じる。

c0364960_13043248.jpg

旧店舗では連日行列が出来ていて並ぶ気力がなく『いつか入ろう』と思っていたのですが、いきなりの(火災による)閉店で残念に思っていた。
偶然、通りかかったのですが行列がないので思い切って入ることにしました。
入って通された席はすぐ横に柱が立っており狭い…高級店ならここはデッドスペースにすべきでしょ?
『特選黒毛和牛のやわらかもも肉重』に『フォワグラ』をトッピングした物を注文しました(結構、お高いです)

c0364960_13043807.jpg

注文してからすごい時間がかかっているがいっこうに料理が出てこない事態にイラっとする。
シェフが1人と助手が1人では仕方ないと思っていました。
その後3人程店員がやって来ましたが料理に携わっているのは1人で残りの2人は雑談しているだけで役に立ってない(この店やる気ある?)
注文から45分後に出て来ましたが、何か冷めている?(ちなみに、これに味噌汁が付きます)

c0364960_13044128.jpg

『黒毛和牛』は美味しいと思う(冷めてなければの話だが)ただ高ければ美味しくても当然と言えば当然である。
元々、肉屋さんなので肉質が悪いことはないと思うが、こんな状態で出されてもな…というのが正直な感想である。
人気店であれば忙しさに感けて質が落ちることがあるが、そうしていたら人気は維持できない。
店員の質も問題だが、それ以上に味に関する質の低下は致命傷になるのがどれだけわかっているのだろうか?
行列が出来てなかったのも納得!たぶん、もう行くことはない…

c0364960_13044518.jpg

追伸、『フォワグラ』が形がわかる状態で食べたのは初めてでした。


by hati_kuma | 2017-01-30 18:00 | 食い倒れ:飲食店

『くら寿司』が暴言に近いインパクトのあるフレーズで『牛丼』を発売しました。
『牛丼を超えた牛丼』とは?どの辺りが『牛丼』を超えたのか検証してみよう。
見せて貰おうか。くら寿司の牛丼の性能とやらを!

c0364960_09502552.jpg

『こだわりの牛肉を7種の魚介だしでじっくり煮込んだ贅沢牛丼』に期待大だ!
早速、『牛丼』を頼んでみる(あくまでも『回転寿司店』)
…5分程度待って来たのが『牛丼を超えた牛丼』である(既に牛丼チェーン店の提供時間を超えている)
ひと口食べての感想は『甘い』である(甘さは牛丼チェーン店の牛丼をはるかに超えている)

c0364960_09502862.jpg

甘めの『すき焼き』を『ご飯』乗せた感じでしょうか?
上品な『牛丼』と言えば言えなくもないけど、一般的な『牛丼』のイメージとは異なるだけで悪くはないと思います。

追伸、お値段が399円(370円+税)ということで牛丼チェーン店の牛丼を超えている(『すき家』350円、『吉野家』380円、『松屋』290円、『なか卯』350円)

【続く】


by hati_kuma | 2016-12-09 18:00 | 食い倒れ:飲食店

牛丼チェーンとして有名な『すき家』だが隠れた逸品があることをご存じだろうか?それは『とりそぼろ丼』である。

c0364960_10040468.jpg

『鶏そぼろ』と『薬味(ネギ)』が乗り『和風ダシ』を掛けた丼物である。
『生卵』が付いており卵を落として食べます(個人的には黄身のみを落とすことをおすすめします)

c0364960_09463498.jpg

『牛丼』よりもリーズナブルという価格設定には頭が下がります(2016年12月1日現在:『牛丼』350円『とりそぼろ丼』300円)
しかしながらメニューにひっそりと佇んでおり、注文されているところをほとんど見かけません。

c0364960_09464088.jpg

食べてみることをおすすめします。


by hati_kuma | 2016-12-04 10:17 | 食い倒れ:飲食店

『なか卯』は『牛丼チェーン店』として認識されていたが最近はニュースでも『大手牛丼チェーン3社』などと言われたりする(『すき家』『吉野家』『松屋』と思われる)
元々『うどん』の店として起業し、『牛丼』チェーン店として広がっていった。

c0364960_02435235.jpg

後に『ゼンショー』に買収され『すき家』と同門になったため差別化が必要になり、それがターニングポイントとなった。
今、『なか卯』で定番のメニューになっているのは『親子丼』である。

c0364960_02441793.jpg

価格帯から考えるとそんなに安い訳ではないが人気メニューになっているだけあって美味しい。
関西発祥だけあってダシが良く、おすすめである。


by hati_kuma | 2016-11-20 03:01 | 食い倒れ:飲食店