人気ブログランキング |

タグ:幸楽苑 ( 3 ) タグの人気記事

厳しい戦いが続く『幸楽苑』ですが、『格安のラーメン』や『半額分の金券』の戦術を辞めて、更には人件費の関係で深夜営業も辞めてしまったので行く機会が激減してしまった。
久々に行ってみたが、面白い企画をやっていたので紹介します。
『つけめん』と『濃厚魚介つけめん』の両方を楽しむことができる『つけめん食べ比べセット』である。

c0364960_19565161.jpg

『つけめん』と『濃厚魚介つけめん』の両方の『つけ汁』と『麺』が2杯分(通常の『つけめん』は『麺』は1.5杯分)という構成です。
『つけ汁』の量を考えると『麺』少ないような気もしますが、そうしたら食べきれない(『麺』が3杯分になってしまう)
『幸楽苑』の『つけめん』も『濃厚魚介つけめん』も『つけ麺の元祖』である『東池袋大勝軒』を模した『つけ汁』なのだが、『麺』が全然違います。
利益を考えたら『麺』の種類は増やせないので仕方ないのですが、『つけめん専用の麺』を新規開発して欲しいです。

c0364960_19565595.jpg

価格的にはあまりお得感はありませんが、メニューを見ると『つけめん』と『濃厚魚介つけめん』の『つけ汁』を混ぜることができるのが魅力のようです(個人的には混ぜないほうがいいと思いますが…)


by hati_kuma | 2018-11-15 19:00 | 食い倒れ:飲食店

割安な価格帯で『ラーメン』を提供している『幸楽苑』は客単価をあげる戦術が失敗に終わり苦戦しているようである。
メニューは価格帯を考えると努力している物が多くて好感が持てます。
今回紹介するのは『つけ麺』である。

c0364960_20380660.jpg

たいていの店の『つけ麺』は節系だったりこってり系だったりと『つけ麺』の元祖と言われる『東池袋大勝軒のもりそば』とは程遠い物になっているのが現実である。
良く言えば進歩したということなのだろうが元祖は元祖でいいところがある(いいところがなければ広がらない)

c0364960_03105247.jpg

『幸楽苑』の『つけ麺』は『東池袋大勝軒のもりそば』を『幸楽苑』風にアレンジした物であり、酸味の効いたあっさりした『つけ麺』です。
『幸楽苑』だけあって価格的にもお値打ちでおすすめです。


by hati_kuma | 2016-04-06 21:09 | 食い倒れ:飲食店

消費税が5%当時に「中華そば290円+税」と看板に書かれていました。
実は採算的にきついので止めたかったが看板を替える経費を考えるとなかなか止めれなかったそうです。
消費税が8%になったため看板は架け替えることになったので障害はなくなったようで…
 
c0364960_20380660.jpg

300円そこそこの格安ラーメンで店舗数を増やしてきた幸楽苑が方向転換をすることになりました。
『採算が合わないから新しく美味しいラーメンを開発しました』といった感じの宣伝がされていました。
こういう時は『安いラーメンを作って高く売るのではないのか?』と疑ってかかるのが私流です。
 
c0364960_20375264.jpg

これが創業者の名前を冠した「醤油らーめん司」である。
以前のラーメン(下に画像を用意しました)と比べると…
スープはダシが効いてるが野菜の甘みが減っています。
麺が細麺になっていて以前の麺と比べるともっちり感はありません。
具はチャシューが増量してナルトが追加されていました。
 
c0364960_20373284.jpg

総じて安く作るために色々工夫していたところを止めて普通のラーメンになった感じです(もちろん良い意味ではありません)
特に美味しくなった訳でもなく単に特徴がなくなって290円を520円に値上げしてどう戦う気なのだろうか幸楽苑は…
 
c0364960_20370322.jpg

ちなみに今までの290円の中華そばはこれです。個人的にはこの中華そばを350円に値上げして提供するほうがいいのでは?と思います。
 

by hati_kuma | 2015-04-13 21:15 | 食い倒れ:飲食店